国家試験対策 PR

【臨床検査技師国家試験】第68回AM公衆衛生学【解説】

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
SAI
SAI
国家試験公衆衛生学AM問90~94です。

過去問は厚労省ホームページより引用しております。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/topics_150873_139_140.html

国家試験の過去問解説のまとめページです

臨床検査技師国家試験解説集

第69回公衆衛生学AM90~94

公衆衛生学は厚労省ホームページを参考にすると、答えが見つかりやすいです。年代によって解答が変わることもあるので、悩んだら見てみるのもいいと思います。

90 院内の医療安全を確保するための措置に含まれないのはどれか。

  1. ヒヤリ・ハット事例を収集する。
  2. 安全管理のための職員研修を行う。
  3. 医療過誤を起こした職員を処罰する。
  4. 検査実施時に患者名の確認を遵守させる。
  5. 医療事故発生時に原因解明のための調査を行う。

解説:医療安全とは、医療事故や医療過誤のような医療トラブルを未然に防止し、安全な医療サービスを提供できる状態を作る取り組みのこと。これを念頭に設問をみていきましょう。

  • ヒヤリハット(ヒヤっとしたり、ハッとしたり未然に気付くこと)事例を収集し、共有することで危機管理意識を向上させる
  • 安全管理の講習会を開き、ヒヤリハット事例などを検討、周知する
  • 検査実施時や採血時に患者名をマニュアルに沿って確認し、誤認を防ぐ(患者に名乗ってもらうなど)
  • アクシデント発生の際には、原因を追究し、対策を検討し改善していく
  • アクシデントを発生させた職員を処罰することはない(責任を追及しない)
僕は職場の病院で医療安全委員なので、少し具体的に書きました笑

答え:3

91 健康増進法に基づくがん検診で対象年齢が50歳以上であるのはどれか。

  1. 胃がん
  2. 肺がん
  3. 乳がん
  4. 大腸がん
  5. 子宮頸がん

解説:健康増進法の規定です。

  • 胃がん ⇒ 50歳以上
  • 肺がん ⇒ 40歳以上
  • 乳がん ⇒ 40歳以上
  • 大腸がん ⇒ 40歳以上
  • 子宮頸がん ⇒ 20歳以上
胃がんも40歳以上のイメージがありましたが50歳以上でした。覚えておきましょう。

厚労省のホームページリンクを載せようと思いましたが、複雑に記載されているのでやめておきました。気になる方は見てみてください。

答え:1

92 2019年の我が国の人口動態統計で10年前と比較して上昇しているのはどれか。

  1. 出生率
  2. 粗死亡率
  3. 自然増減率
  4. 乳児死亡率
  5. 年齢調整死亡率

解説:設問を簡単に説明していきます。

  • 出生率
    ⇒人口千人に対する出生数の割合
  • 粗死亡率
    ⇒一定期間の死亡数をその期間の人口で割った死亡率
  • 自然増減率
    ⇒生まれた者の総数から亡くなった者の総数を引いた数値
  • 乳児死亡率
    ⇒生まれてから満1歳になるまでに亡くなってしまった子どもの数を表した割合
  • 年齢調整死亡率
    ⇒異なる集団の死亡率を比較する際、年齢構成が揃うように調整した死亡率

昨今に話題でよく出るように少子化が加速しているので「出生率、自然増減率」は確実に少なくなっているはずです。そして「乳児死亡率」も10年間の医療技術の向上により少なくなっていると予測できます。
調べてみるとわかるのですが、高齢化の影響で死亡率自体は上がっているようです。
年齢調整死亡率は減少しています。(ただし令和3年4年は増加しているとの記載しているサイトもある)厚労省ホームページが確実なので、気になる方はご確認ください。

「厚労省ホームページ」
令和5年度人口動態統計特殊報告
令和2年都道府県別年齢調整死亡率の概況

https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/other/20sibou/index.html

答え:2

93 就学時健康診断に含まれないのはどれか。(不適問題)

  1. 聴 診
  2. 色覚検査
  3. 知能検査
  4. 歯および口腔検査
  5. 胸部エックス線撮影

解説:解答は2つあるとされているが、⑤の胸部エックス線撮影が、出題者は意図していた解答だと思います。自分が子供の時どうだったかなぁ?と考えてみてもある程度はわかりますが設問の中の「聴診、知能検査、歯科検査」は就学時に確実に行います。
色覚検査は学校保健法が2003年に改訂され、必須ではなくなりました。以降は希望者のみに実施など、“任意”という形が正しいのかもしれません。
レントゲンに関しても学校保健法の改定により削除され“大学生の入学時、院生の入学時”にのみ撮影するようになりました。

自分が小学校に入学したころの記憶がある人は解きやすいかも笑僕はあんまりなかったです

答え:5(2)

94 業務上疾病の原因で最も多いのはどれか。

  1. 負 傷
  2. 病原体
  3. 化学物質
  4. 作業態様
  5. 物理的因子

解説:これはいわゆる“時事ネタ”に左右されやすい悪問です。公衆衛生学の問題は回答が厚労省のホームページを見るとわかるものが多く、それを参考にしようとすると迷ってしまいます。
ですので、この問題の解釈とすれば「一般的な業務上疾病」という観点で考えることが肝要になってくるとおもいます。

一般的な業務上疾病の原因で最も多いのは“負傷”です。

近年はウイルス感染が流行していたので“病原体”もそれなりの件数になっている場合もありました。こういった特殊な時期にこういった問題を出すのはどうかな?と感じました。

答え:1

国家試験の過去問解説のまとめページです

臨床検査技師国家試験解説集