新米検査技師向け

【臨床化学】ビリルビンについて

SAI
SAI
今回はビリルビンについて説明していくよ!
パン太
パン太
ビリルビンって黄疸のこと?間接ビリルビンとか直接ビリルビンとか、よくわかんない
SAI
SAI
そうそう、グルクロン酸抱合のところだね~。僕も医師に異常値報告をした時に、溶血とビリルビンの関係について質問されたことがあってね~。ちゃんと勉強しないといけないなって思ったよ笑
そしたら、ビリルビンについてまとめていくね

※国家試験対策でもあり、僕の備忘録でもあります。あくまで参考程度にご覧ください。
詳しいことはエビデンスのある教科書を見る事をオススメします!

created by Rinker
¥13,200
(2022/05/21 18:20:06時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
金原出版
¥16,500
(2022/05/21 18:07:28時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥5,720
(2022/05/21 18:07:30時点 Amazon調べ-詳細)

臨床検査におけるビリルビン(Bil)とは(臨床化学)

臨床的意義

  • ビリルビンとは赤色胆汁色素であり、化学式はC33H35N4O5(分子量585)である
  • Hbと共に黄色から赤色にかけて大きな吸収ピークを持つ
  • 2個のプロピオン酸基を含む2塩基酸
  • 酸化されるとビリベルジンになる(緑色胆汁色素)
  • 直射日光で急激に退色する(光分解)
  • ジアゾ試薬と反応し2分子のアゾ色素を形成
  • SI単位への換算はmg/dL÷0.0558=μmol/L

代謝

  1. 細網内皮系でヘモグロビンのヘムが開裂(グロビンはまだ結合)
  2. プロトポリフィンⅨが開裂(グロビンと鉄を離す前)
  3. ビリベルジン
  4. ビリルビン
  • 血清ビリルビンはⅨα型のみ(新生児の一部でⅨβ型)
  • 白人>有色人種
  • 通常は尿中には抱合型(D-Bil)、非抱合型(I-Bil)のいずれのビリルビンも出現しない
  • 黄疸尿のほとんどは抱合型(D-Bil)

分析法

  • Lauffらが1981年に逆相高速液体クロマトグラフィーによって、δ(デルタ)-ビリルビン(アルブミンと共有結合する)を見つけてから、これもD-Bil(直接ビリルビン)に分類

Malloy-Evelyn法

スルファニル酸をジアゾ化⇒ビリルビンのアゾ色素を比色
(水溶性のジアゾ試薬と直接反応するビリルビンは直接ビリルビン)
(メタノールを加えてすべてのビリルビンを発色⇒直接ビリルビン値を引く⇒間接ビリルビン)

Jendrassik-Cleghorn法
Jendrassik-Grof法

Malloy-Evelyn法では混濁が生じることがあったのでカフェイン-安息香酸-酢酸ナトリウム法に置き換えられた。

Michaeisson法

カフェインの代わりに水溶液タイプのダイフィリンを使用
フェーリング液によりアルカリ性にし、生じたアゾビリルビンブルーを比色(590nmAAB変法)

ビリルビンオキシダーゼを用いる酵素法

ビリルビン自体の黄色をビリルビンオキシダーゼの酵素作用により退色(その変化量を450nmで測定)

※総ビリルビンは弱アルカリ性下で界面活性剤を加え、ビリルビンオキシダーゼを作用させる。直接ビリルビンは酸性条件下で作用させる。

メタバナジン酸を用いる方法

メタバナジン酸によってビリルビンをビリベルジンに酸化させ、変換する。黄色の消失を測定する(広く使用されている)

変動因子

光:分解される(低下する)
→非抱合型ビリルビンは抱合型ビリルビンよりも2~3倍強く反応する

溶血:ジアゾ法、Malloy-Evelyn法では直接型の法が干渉を受ける

薬剤:正誤差⇒アセトヘキサミド、カフェイン、エリスロマイシンなど
負誤差⇒タンパク質、アスコルビン酸など

※ジアゾ法ではEDTAやシュウ酸塩入りの採血管は使用しない

生理的変動
  • 性差:男性>女性
  • 年齢:新生児期に顕著に増加⇒3~5か月で最低⇒徐々に上昇⇒14~15歳で成人値
  • 季節変動:夏>冬

基準値

まとめ(臨床検査におけるビリルビン(Bil)のワンポイントなど)

SAI
SAI
ビリルビンの代謝についておさらいするよ
  1. 古くなった赤血球は脾臓で破壊される
  2. ヘムとグロビンになる
  3. ヘムから鉄と非抱合型(間接)ビリルビンになる
  4. 血中でアルブミンと結合し、肝臓へ運ばれる
  5. 肝臓でグルクロン酸と結合し、抱合型(直接)ビリルビンになる(グルクロン抱合)
  6. 胆のうへ
  7. 胆のうから、十二指腸へ
  8. 腸管内で腸内細菌による脱抱合や還元を受けウロビリノーゲンとなる
  9. 酸化され、ウロビリンとなる

※これらを理解することで、黄疸が見られる患者のビルルビンを測定し、間接、直接のどちらが有意に増加しているのかをしらべ、病態を推察することができるようになる。
直接ビリルビンが増加している場合は腹部エコーなどで胆管の拡張を調べていく。

間接型ビリルビン上昇
疾患 非抱合型Bil 抱合型Bil 蛋白結合型Bil
溶血性貧 +
新生児黄疸 +
Criger-najjar症候群 +
Gilbert症候群 +
直接型ビリルビン上昇
疾患 非抱合型Bil 抱合型Bil 蛋白結合型Bil
肝細胞性黄疸 + + +
胆汁うっ血 + + +
Dubin-Johnson症候群 + + +
  • 種々の溶血性疾患で見られる黄疸⇒非抱合型ビリルビン
  • 肝性黄疸(体質性やウイルス性)、肝後性黄疸(胆石、胆管がん)⇒抱合型ビリルビン

さらに細かい内容などは専門書で確認することをオススメします。

created by Rinker
¥13,200
(2022/05/21 18:20:06時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
金原出版
¥16,500
(2022/05/21 18:07:28時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥5,720
(2022/05/21 18:07:30時点 Amazon調べ-詳細)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。